スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

かぼちゃの蒸し煮

かぼちゃが出回ると週に一度は作るメニューです。
ケーシーは緑黄色野菜をともかく食べなさいと言っていたそうです。ニンジンと並んで食卓に手を替え品を替えかぼちゃ料理が登場します。味付けは塩だけのシンプルなものですが、それが一層かぼちゃの甘味とおいしさを引き立てます。(ほくほくした美味しいかぼちゃを選んでください)




 多めに作って残ったら、サラダや田舎風スープ、煮込みそば・うどん、カレー、パン等に変化させたり入れたりして使います。時間の短縮になり何かと便利に使っております。

最近の投稿

完熟トマトとトマトソース 

ガラスの器に盛られた冷えた真っ赤なトマトを想像するだけで、暑い夏でも不思議に食欲が沸いてき ます。 私はエドガー・ケイシーの食事法を知ってから用心してトマトをほとんど食べていませんでした。なぜ かと言うとリーディングでは、木で熟れた(完熟)トマトしか口にしてはいけないと述べているからです。 完熟であれば缶詰でも良いということです。それなので、自分で小さな庭に植えて育てた完熟トマトとか これなら大丈夫と確信できる物しか口にしませんでした。

ところが、昨年散歩の途中で見つけた地元の農家の直売所で低農薬で作られた完熟トマトを買うこと が出来て以来、安心して久しぶりにトマトを口にすることができる様になりました。
それ以来、その農家の直売所でトマトをはじめとして採り立ての野菜をいろいろ譲っていただいて美味 しくいただいております。その日採りたての完熟トマトをかじると、独特の甘味と酸味が口中に広がります。

 先日雹が降って、少し割れてしまった様なたくさんのトマトを格安に分けていただきました。さっそくトマ トソースを作ることにしました。皮とか種は取ったり面倒なことはしません。ヘタだけ取って、切り方は4 つ切りでも2つ切りでもまた丸のままでも構いません。これで煮てしまうと充分美味しいです。家事をしな がら弱火で約1時間程煮るとトマトソースの出来上がりです。最後にバジルやシソなどを適当に入れ、 塩で味を調えて冷ましてからビンに移して冷蔵庫で保存します。一度に使いきれない分は小分けにして 冷凍保存しても良いと思います。

 スパゲティや魚のソース、サラダのドレッシング、パンの上に載せピザ風にしてもよいと思います。 熱々の自作の完熟トマトソースに絡めたスパゲティを食べてみると、やっぱり他より断然美味しいのです。

かぼちゃの田舎風スープ

材料
A かぼちゃの蒸し煮       1/2ヶ       
  ゆでたあずき(他の豆でも可) 200g                       
  さつまいも      1/2本 
  玉ねぎ        1ヶ
  青菜         1束
  ブラウンマッシュルーム(他のキノコでも可) 適宜
B  牛乳  800cc
  塩・こしょう 適宜


作り方
1.青菜以外のAの材料を鍋に入れ蒸し煮する。

2.火が通ったら適当につぶしてBを入れ沸騰しないようにかき混ぜる。

3.沸騰してきたら中火以下にして塩・こしょうして細かく切った青菜を入れ味を整える。

甘いニンジンの煮物

焼魚やハンバーグの付け合せにリンゴの蒸し煮を入れ作ってみました。
 これは砂糖の代わりをリンゴの蒸し煮を入れることにより食べやすく工夫したものです。
 エドガー・ケイシーは、ニンジンのお尻の肩の部分を食べると、眼に良いとリーディングで言っておりますので、注意深くヘタを取り除き、皮をむかずに調理します。

材料
ニンジン(大の時)  2本
リンゴの蒸し煮 リンゴの2/4~3/4分
塩  少々

作り方
1.ニンジンは皮をむかずにうすく輪切りにする。

2.ガラスの鍋(ステンレスの鍋)に入れ、水をほんの僅か加え弱火で蒸し煮する。

3.いい匂いがしていれば、ニンジンがだいたい煮えているのでリンゴ(蒸し煮)を加え塩を混ぜ、蓋をし て再び煮る。(リンゴはスプーン等でペースト状につぶして入れる。)

リンゴの蒸し煮

秋になり、各種リンゴが店先に姿を見せるようになると毎週一回は家事をしながらリンゴの蒸し煮を 作ります。
エドガー・ケイシーはリーディングの中で生のリンゴはアルカリ性の食品だが体内に入ると酸性に変化 すると言うことで、リンゴダイエット以外生のリンゴを食べる事を薦めていません。

 そこで、買ったり、頂いたりしたリンゴは皮ごと四つ割りにして芯とヘタを取りガラスの鍋かステンレス の多重層鍋に水を2~3杯入れ、最初から弱火で煮ます。
鍋の周りにぶくぶく泡が出てきて、リンゴが柔らかくなったら火を止めます。

 冷めてからの方がおいしく食べられると思います。砂糖無しでも、リンゴから充分な甘さが引き出さ れ、デザートとしてお出しするとみなさんに砂糖無しでの甘さにびっくりされます。
 我が家ではリンゴの蒸し煮をケーキ、クッキー、パン、そして和え物、煮物、本当にいろいろな料理に 入れて宝して使います。良かったら皆様もお試しください。

おいしい玄米の炊き方

私は玄米を先ず陶器の「カムカム鍋」に入れて更にそれを圧力鍋に入れて二重にして炊きます。今までいろいろ試したのですがこの方法が一番おいしく炊ける様に思います。



  水の量は書いてあるレシピより多く入れます。これがコツと言えばコツです。例えば三合なら三合半位の水の量です。洗った玄米をざるにあけた時もさっと水を切る位であまり神経質に水は切りません。そしてカムカム鍋に入れます。それから少々の塩や小豆、赤米、アマランス等を好みで加えます。
 夏は気温が高いので、夜玄米を洗ってカムカム鍋に入れ翌日の朝炊きます。ただ、時間が無いとき、例えば,今日のお昼に玄米を食べたいが,朝まだといでなくて玄米をふやかす時間が無いと言う時が あります。やっぱり,玄米はふやかした方がだんぜんおいしいので、そんな時は水にお湯を加えてぬるくしたり、もうちょっと熱くしたり考えながらお湯の温度を適当に加減します。これが私の考えた二つ目のコツです。
 こうして炊くと、時間をかけてふやかしたのと同じ様にモチッとふっくらおいしく炊き上がります。
 玄米は水の量が少ないとボソボソでおいしくない気がします。
 ところで、潜在意識を使いチェックする方法があるのですが、そのチェックの結果どうしても食事の改 善が必要と思われる方には、食事の改善を勧めると同時に参考のため、台所から玄米ご飯や砂糖を 使用してない惣菜を少しずつお出しします。すると、ほとんどの方がおいしいとおっしゃてくださって、玄 米食に替えた方が結構いらっしゃいます。
 玄米食はおいしくなくてイヤだとおっしゃる方は、ボソボソでおいしくないという事で懲りてしまったので はと思います。再度玄米食を始めようと思った方は、自分なりに水の量を加減しながら、自分に合った 水の量を見つけられるとおいしくいただけると思います。そして不思議な事に、お塩を少々入れる事に より入れないより玄米はよりおいしく炊き上がる様に思います。

私の昼食メニュー

私の昼食の一例を公開します。この日の主菜は納豆ですが、豆腐だったり昨夜のおかずの残りだった りと変わりますが、内容的には大体いつもこんな感じです。

 毎日変わらないのは器いっぱいのサラダです。このサラダが私の元気の源だと思います。昼、夜と器 いっぱいのサラダを食べております。昔は冷え症だったのですが、食事の改善と、ひまし油湿布、オイ ルマッサージ、コロ二クス、体を整えるための体操を続け、体質が改善され元気に過ごしておます。

 サラダは必ずゼラチンと一緒に採るようにしております。エドガー・ケイシーはリーディングで「ゼラチ ン自身ビタミンに弾みをつけ、分泌器官の強化する。さもなければビタミンは有効に利用されない。」(8 49-66)とあります。

 小さじ一杯程のゼラチンに水をちょっと加えて固まらせてサラダに入れたり、そのまま直接振りかけ たりして毎食いただいております。ケーシーはリーディングの中で「生野菜は精神的にも霊的にも良 い。」と言っており、他にも効用のすばらしさをたくさん挙げております。

 レタス類は球状より立っているもの、例えばサラダ菜、サニーレタス、ローメインレタス等をリーディン グで薦めております。レタスと水菜、小松菜、ほうれん草、春菊等緑の葉もの類3品以上と一緒にドレッ シングでおいしくいただけるよう工夫してサラダを主菜の様にして毎日一年中食べております。

 それから、根菜類つまりイモ類やゴボウ、大根、レンコン等は他の野菜2品と一緒に採ると良いと言 っております。煮物を作りますと中に根菜が何種類か入りますが、サラダと一緒に食べるようにして工 夫しています。

 そして、海藻類もリーディングでは採るように言っております。海藻類は排泄を良くし、ヨードやミネラ ル(鉄、カリウム、マグネシウム等)を多く含んでいますので一日一回はおつゆに入れたり、サラダに入 れたりしてたくさん食べるようにしております。


写真 
 左上 サラダ(レタス・小松菜・水菜・ほうれん草・ニンジン)   右上 納豆
 左中 レンコンのきんぴら(油使用せず 水とだし汁でいためて味付けする)  右中 タクワン・大根 の葉の塩もみ
    左下 玄米ご飯         右下 味噌汁(わかめ・えのき)